FC2ブログ

遠視改善法

遠視改善法の紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

簡単! あなたは、手術なしでできる視力回復法を知りたいですか?

YES



NO



これからする話は、信じられないかも知れませんが、まったくの実話です。



あれ??今すごく視界がぼやけて見えた、最近以前見えていた距離のものが見えずらくな・・・

.もうメガネを作るしかないかな!!



大学の講師をしていた私は学校の学食で生徒たちのこんな会話を耳にした

彼の名前はまさる君、今年入学したばかりの18歳の青年である



その生徒は受験勉強が終わり、酷使してきた目の異常に気づいたのであろう



こんな話は学生の間で日常茶飯事で起きている



私はそんな生徒をみかねて、今まで研究し実証してきた視力回復の方法を伝授したのである





「一度悪くなってしまった視力を回復する事はそれ程難しい事ではないんだよ

ましてレーザー手術なんか無しで簡単に視力をUPさせる方法を知ってる?」



まさる君

「え!!そんな方法があるんですか?

僕の周りにも目が悪くなってしまった人が沢山いるのですけども

もうメガネをかける しか方法がないと諦めてしまっています。

レーザー手術って手もあるのですが、さすがに怖いです・・・」





「そんな事はないんだよ!じゃあ○○を試してみて。

それだけでも2週間後にはかなりの効果が現れると思うよ!!」



まさる君

「こんな方法でですか??今まで視力を回復させようと色々な

雑誌やサイトを見てきましたけどもこんな方法は初めてです。

失礼ですがこの方法で本当に効果が出るのでしょうか?」





「ハッキリいうなあ(笑)うん、実証済みだからね!!

だまされたと思って1回やってみて。今までなんでこの方法が

出回らなかったのかと不思議になるほど効果が出るから!」



実は家で出来てレーザー手術以上の効果が出る方法は確実にあるのです。



そして2週間後・・・



まさる君はどうなったのか?



結果は言わなくてもお分かりだと思います。



その後、まさる君は視力の事で悩むことはなくなりました

※現在0,3だったまさる君の視力は手術もせずに1,2まで回復しました。


スポンサーサイト
  1. 2007/11/04(日) 19:02:38|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたは以下のような悩みはありませんか?



・以前は1.5あった視力が今では0.3以下だ。

・車に乗るとき、必ずメガネを掛けなければならない。

・日常生活でメガネは必需品だ

・毎年のように度数が合わなくなり、その度に数万円かけてメガネを作っている

・黒板や会議時のホワイトボードの文字が見えにくくなっている

・手術を受けるお金も勇気もない

・飛蚊症がひどく、何かに集中するとき支障を来たす

・乱視がひどく、めまいや吐き気さえもたらす

・とにかくわずらわしいメガネから解放されたい

・子供の視力低下に悩んでいる

・原因不明の眼精疲労に悩んでいる

・パソコンや読書など、目に負担を掛ける仕事をしているので視力が心配だ

・すぐにメガネを壊してしまうので経済的負担が激しい

・パイロットやスポーツ選手など、「視力」が命の職業に就いている・就こうとしている

・コンタクトが体質に合わない

・わずわらしいコンタクトレンズの毎日のケアーから解放されたい

・何度もコンタクトを無くしてしまってほとほと嫌になっている とにかく視力を回復させたい



この様な悩みを抱えた方は沢山いらっしゃいます。



しかし、確信的な方法も分からず、相談する人もいなく

メガネをかけるしかないと、殆どの方が諦めてしまっております。
  1. 2007/11/04(日) 19:04:56|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しかし正直に告白いたします。

実は、視力を回復させる事は、とっても簡単なことなのです。



実は、メガネ・コンタクトを掛けなくても裸眼でモノを見る様にする事は、とても簡単なことなのです。



あるノウハウさえ知ってしまえば・・・・



こんにちは。理学博士の松崎五三男と申します。

このホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。



「あなたの視力を今よりもUPして頂く事」

「あなたを視力のコンプレックスから解放させ、裸眼で世界を見ていただく事」

「あなたの視力を一生良いままにしておく事」



それだけです。



「それだけって?あなた、カンタンに言ってくれるけどさぁ・・」

あなたがこう思われるのも不思議なことではありません。



視力回復で成功している人って、まだまだ少ないみたいですからね。

事実、いろいろな視力回復のセミナーや本、眼科へ通っている人でも視力回復で

成功している人は恐らく、100人中1人もいないのではないでしょうか?



でも・・・



その反面、ごく稀ですが、眼科に通わなくても、危険なレーシック手術を受けていなくても理想の視力を手に入れている人も中にはいます。





実は、なにを隠そう・・・・



私も、その中の1人なのです。
  1. 2007/11/04(日) 19:06:12|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

以前の私は・・・・・・

私は今でこそ視力回復についても活動が増えておりますが、元々が理学博士で信州大学で

教授をしておりました。



自分の研究分野の論文を書いたり、専門書の翻訳をする傍ら、「視力博士」として独自に開発した視力回復の普及に努めるようになったのは、自分自身が突然の視力低下に苦しみ、そして試行錯誤の末開発した方法で自分の視力を回復させたのがきっかけでした。



その当時既に50歳を過ぎていましたが、とても仕事が忙しく、来る日も来る日も細かい文字を追っていましたが、それまで私は視力だけには自信があり、どんなに小さな文字を長時間読んでも平気でした。



その時は「目が悪い」という感覚が全く分かりませんでした。



ところがある日、何か見えにくい感じがしてちょっと遠くに視線を移してみるとぼやけてしまっているではありませんか。



かすんでいるというよりか、それまで見えていた景色がはっきり見えないのです。



「あれ?ちょっと小さな文字を見すぎたのかな??」



その日から気になってしまい、時間があると遠くを見て視力のチェックをしていましたが明らかに以前の様にはっきりとものを見ることが出来なくなっていました。



近くは見えていたので老眼ではなく、明らかに近視になってしまっていて本当にショックでした。



さっそく、メガネを作ったのですが、今までメガネなどを掛けたことが無かった私にとって頭痛や嘔吐感に悩まされました。



メガネを掛けての運転は今までの裸眼とは全く感覚が違いました。



視野が狭く、本当に危険を感じていたのは言うまでもありません。



しかし、やっとの事でメガネになれた頃には、また度が進んでメガネの作り直しをしなければならない状況・・・



今思えば、メガネを掛けることで本来水晶体がするべき調整をしてしまっていたのですから水晶体がなおさら働かなくなってしまったのは当然です。



このままほおっておいたらどんどん目が悪くなってしまう。



そう思った私は、「これ以上目を悪くしてたまるか!!」とそれこそ死に物狂いで視力の勉強を開始致しました。



私の周りの人は目が悪くなっても直ぐに諦めてしまいます。



しかし、視力の低下は本質的な病気ではなく、機能の衰えなのですから戻せないはずが無いと思ったのです。



そして、試行錯誤を繰り返しながら自分の視力を0.3から1.5に戻すことに成功致しました。
  1. 2007/11/04(日) 19:07:58|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰でも視力は確実に良くなります。

恐らくあなたが今、「視力を良くしたい!メガネとおさらばしたい!」と思いながらも初めの一歩を踏み出すことができないのは、下記のような方法で、視力回復を始めようとしているからではないでしょうか?



1. 矯正用メガネなどを使用してみる。

2. 医者などで処方してもらう目薬等を使用する。

3. ピンホールアイマスク等を使用してみる。

4. ブルーベリーなど、目に良いと言われているサプリメントを服用してみる。

5..  マジカル○イなどの絵本を見る。

6. 一度悪くなった目は回復出来ないと諦めて、メガネ・コンタクトを使用する。



どうです?違いますか?



ズバリ言いましょう。

あなたが、このセオリーで、視力回復をしようと思っているなら、時間のムダです。

なぜなら、このセオリーだと、100人中視力回復の効果が現れる人はせいぜい1人か2人位だからです。



まず、この方法だと、これだけお金と時間をかけているのに効果がでない・・・と

ここで、多くの方が視力回復を断念してしまいます。



先にも申し上げましたが、むやみやたらとサプリメントを飲んだり、視力矯正メガネなどでは視力は回復致しません。



視力とは、表面的な事だけを実施していても効果がでません。
  1. 2007/11/04(日) 19:09:43|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一生お金を掛け続けなければいけないメガネ・コンタクトレンズの落とし穴

視力が悪くなると殆どの人がメガネかコンタクトレンズを使用します。



最近では「レーザー手術」なるものも出始めております。



コンタクトレンズはとても便利ですが、便利になり過ぎているからこそとても怖い落とし穴があります。



コンタクトレンズは直接眼球に触れさせるものです。そうするとコンタクトを乗せる角膜は傷つき易く、レンズの取り扱いを誤って失明してしまったケースがいくつも報告されています。



以前はハードレンズが主流でしたが今ではソフトが主流になっています。



このソフトレンズを使用している人に深刻なトラブルが起きています。



初めは医者の忠告をきちんと守って装着・ケアーを守っているのですが慣れてくると段々と扱いがいい加減になってしまい、コンタクトを装着したまま眠ってしまったり1日使い捨てのコンタクトを数週間使い続けてしまったりする事が良くあります。



これはとても危険な事です。



不潔なレンズを使用すれば、ウイルス性角膜炎などを引き起こす可能性がありますし、装着したまま眠ってしまうと角膜浸潤を起こしてしまいます。



角膜浸潤とは、角膜の表面の細胞が傷ついてしまう状態です。



また、さらに恐ろしいのはもっと深くまで細胞が傷ついてしまう角膜潰瘍です。



不潔な(汚れていない様でもウイルスが繁殖している可能性がございます。)レンズを長時間使用し続ける事で起こる感染症角膜潰瘍となると、激烈な痛みや充血を起こし、最悪失明になってしまうおそれがございます。



抗生物質を投与して治療する事になりますが、失明を逃れても角膜の濁りが残ることもあります。



本来コンタクトレンズは眼科医の適切な指導の下購入する事になっておりますが今ではネットで大量にしかも格安で購入できるのが現状となってしまいなおさら本人のケアー意識が問われる事になっております。



メガネは、第一に掛けていてわずらわしさを感じます。



また、メガネに慣れてしまうと、どんどんと視力が落ちてしまいます。



毎回のように度数の高いメガネを買い替えなければならないので経済的にも良くないですし、無くし易い・壊れ易いなど、本当に神経を使います。
  1. 2007/11/04(日) 19:10:59|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今流行のレーシック手術ってどうなの?

今良く、雑誌などで「レーシック手術」というものを目にします。



プロゴルファーのタイガーウッズが実施し成功したことで一躍脚光を浴びるようになりました。



レーシックとは、角膜の表面をレーザーで削って形を整え目のレンズの屈折率を変えて焦点を合わせるというものです。



近視や乱視等に良く適用されます。



しかし、ウッズ程になれば最高の医療スタッフによる慎重な手術が受けられますがこの手術は本当に高度な技術を要します。



眼科医の技量によっては結果が大きく変わってきてしまうのも現状です。



いくつかの報告で、術後、角膜の表面にしわが出来て乱視が発生したり衛生管理が完全でなかった為、感染症なでが起こったというものもありました。



また、この様なリスクを背負ったにも関わらず一度は回復してもまた元に戻ってしまったという ケースもあります。
  1. 2007/11/04(日) 19:11:41|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでもあなたはまだ無駄な時間とお金を使いますか?

「じゃ~、どうすれば良いんですか?」



ご安心を。

実は、誰でも効果の出る視力回復の方法があるんです。

私は、この方法で、手術を受けないで、家にいながら 0.3から1.2までの視力回復を成功させました。



そんな確実に効果の出せる方法を今回皆様にお伝え致します。



2週間後、あなたの視界は素晴らしい事になっているでしょう!!
  1. 2007/11/04(日) 19:19:32|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当に私でも、視力回復が出来るだろうか?

やはり、不安があることでしょう。



しかし、今回、お伝えするノウハウは、目に対して何の知識も無く、眼科通いや色々な視力回復セミナーなどでも効果が出なかった私でも成功できたノウハウです。

事実、私の母親も視力は悪いですし、本当に遺伝も関係なく回復致します。



あなたが視力回復で成功するために必要なもの、

それは、ほんのちょっとの知識と行動力だけなのです。

実は、わたしが実践してきた視力回復の法則とは、



・日常生活での正しい目の使い方

・なぜ視力が悪くなってしまうのか?

・目の仕組み 「ものが見える」仕組み

・視力が回復する確信的な理論

・近視がどんどん良くなる脅威の方法(家編・会社編・通勤編)

・遠視がどんどん良くなる脅威の方法 乱視がどんどん良くなる脅威の方法

・老眼にも効果テキメン!老いに負けない驚くべき回復方法

・ストレス社会にはびこる「飛蚊症」が消えてしまう方法

・日常で出来る効果絶大の視力回復方法 こんな生活が視力回復には効果的だった

・コンタクトレンズ・メガネの実は恐ろしい裏話

・なぜ視力低下を及ぼすのか?

・日常生活の驚くべき接点

・視力回復をしながら頭痛・肩こりが治ってしまう贅沢な方法

・視力と体の異変の驚くべき接点

・レーザー手術の盲点

・ブルーベリーは本当に目に良いのか?

・なぜ今の時代メガネやコンタクトをする人が増えたのか?

・アフリカ人など、視力5.0以上ある人の秘密

・遺伝は関係ないの驚くべき話し

・自分の子供の目を守る、近視・乱視・遠視の予防方法

・目を悪くする人の90パーセント以上の共通点

・一生目が悪くならない奇跡の方法

・老眼の恐怖を払拭する前代未聞の方法

・いつまでも健康的(疲れ難い・白目が真っ白)目でいられる確信的な方法



以上のノウハウを知っていますか?



知らないという方はどんなに高級なサプリメントを飲んでもどんなに有名な視力アップセミナーに通っても、成功する方は100人に1人位ですよ!!



たったこれだけの事を知っているだけで、成功率が飛躍的にアップするとしたら、知りたいと思いませんか?
  1. 2007/11/04(日) 19:24:02|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠視改善法の検索でよく使われるキーワードです。





遠視改善法 回復

遠視改善法検査

遠視改善法低下

遠視改善法矯正

動体遠視改善法

遠視改善法回復手術

遠視改善法 レーザー治療

運転免許 遠視改善法

遠視改善法 回復

遠視改善法

遠視改善法 検査

遠視改善法 回復 手術

遠視改善法 回復 トレーニング

動体 遠視改善法

遠視改善法 矯正

遠視改善法 回復 方法

遠視改善法 回復 センター

深 遠視改善法

遠視改善法 低下

遠視改善法 矯正 手術

子供 遠視改善法

遠視改善法 検査 表

遠視改善法 回復 法

遠視改善法 回復 子供

動体 遠視改善法 トレーニング

深 遠視改善法 検査

遠視改善法 アップ

子供 遠視改善法 回復

遠視改善法 測定

動体 遠視改善法 ゲーム

遠視改善法 回復 レーザー

遠視改善法 手術

遠視改善法 低下 原因

東京 遠視改善法 回復 センター

遠視改善法 検査 方法

遠視改善法 障害

遠視改善法 レーザー 治療

子供 遠視改善法 低下

遠視改善法 トレーニング

運転 免許 遠視改善法

遠視改善法 回復 レーザー 治療

遠視改善法 向上

遠視改善法 度数

遠視改善法 回復 3 d

レーシック 遠視改善法 回復

動体 遠視改善法 鍛え方

赤ちゃん 遠視改善法

矯正 遠視改善法

遠視改善法 回復 レーシック

遠視改善法 レーザー

遠視改善法 回復 訓練

メガネ 遠視改善法

動態 遠視改善法

遠視改善法 回復 機

心因性 遠視改善法 障害

深 遠視改善法 練習

遠視改善法 回復 メガネ

遠視改善法 良く なる 方法

遠視改善法 回復 手術 大阪

幼児 遠視改善法

新生児 遠視改善法

遠視改善法 上げる 方法

遠視改善法 回復 コンタクト

遠視改善法 がよ く なる 方法

遠視改善法 強制

東京 遠視改善法

遠視改善法 回復 手術 失敗

動体 遠視改善法 鍛える

遠視改善法 回復 本

遠視改善法 検査 ゲーム

遠視改善法 0.01

レーザー 遠視改善法

コンタクト 遠視改善法

子ども 遠視改善法

眼科 遠視改善法 検査

遠視改善法 上げる

深 遠視改善法 コツ

遠視改善法 回復 大阪

遠視改善法 改善

遠視改善法 矯正 コンタクト

眼鏡 遠視改善法

遠視改善法 回復 サプリメント

遠視改善法 良く 方法

遠視改善法 回復 矯正

遠視改善法 子供

遠視改善法 弱視 失明 盲目

免許 更新 遠視改善法

遠視改善法 検査 エクササイズ

レーザー 遠視改善法 回復

遠視改善法 回復 ソフト

遠視改善法 矯正 レーザー

免許 遠視改善法

動体 遠視改善法 テスト

遠視改善法 回復 目薬

遠視改善法 上がる 方法

遠視改善法 回復 名古屋

レーシック 手術 遠視改善法 回復

免許 更新 遠視改善法 検査

遠視改善法 回復 愛知

遠視改善法 メガネ

遠視改善法 回復 レーザー 手術

3 d 遠視改善法 回復

遠視改善法 回復 画像

遠視改善法 良く

レーザー 遠視改善法 矯正

深 遠視改善法 メガネ

遠視改善法 アップ 方法

遠視改善法 回復 広島
  1. 2007/11/04(日) 19:26:16|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

、「視力を回復したい!」と、言う方のために集大成です。

そこで、「視力を回復したい!」と、言う方のために、わたしの視力回復のノウハウの集大成、「アイ・ファンタスティック」

という特別マニュアルを執筆いたしました。



これは、私がそれこそ死にモノ狂いで試行錯誤しながら、培ってきた視力回復のノウハウを活かし、初心者でも、既に視力回復を始められている方でも、すぐに成果がでるように実践済みのすぐに使えるノウハウを詰め込んだものです。



家庭で出来る視力回復方法から何故視力が回復するのかの構造目の構造・見える構造についてまで、視力回復に必要なありとあらゆる方法を解説してあるので、あなたが自分の状態に当てはめ、まず何から実践すればいいのか?そしてどの様に視力を回復させていくのかがひと目で分かるはずです!!



この「アイ・ファンタスティック」を学んで、あなたが視力回復をスタートさせると・・・・



1. 何故視力が落ちてしまったのかが理解できる。

2. 本当に効果の出る視力回復方法を知る。

3. 10日後にものが以前より良く見えるようになったのに気が付く。

4. 14日後にはメガネ・コンタクト無しでも裸眼で物が見えるようになる。

5. 一生視力に悩まされる事無く、自分の子供の目も守ることが出来る。



おおまかにいうと、こんな流れで、すばやく確実に視力回復が達成出来ます。



「視力低下に悩まされず、裸眼ではっきりものが見えるようになった!!」

あなたもこんな生活を送りたいと思いませんか?



このマニュアルに従って、順序正しく、視力回復をスタートすれば、あなたも14日後には、信じられない位の視力を手に入れる事ができるでしょう!!


  1. 2007/11/04(日) 19:30:17|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力回復トレーニング

最近,視力の低下に悩む人がとても増えています。その背景には,テレビゲームなどをやり過ぎたり,パソコンを仕事などに使う人が増えていることがあります。

また,携帯電話を片時も離さずに,小さい画面で文字などを打つことにより,さらに視力の低下を招いている場合もあります。



そんな視力低下ですが,その視力を回復するトレーニング,「視力回復トレーニング」というものがあります。



視力回復トレーニングとは一体どのようなことをするトレーニングなのでしょうか。

また,視力回復トレーニングをどれくらいすれば,どれくらい視力が回復するようになるのでしょうか。



視力回復トレーニングにも色々なものがありますが,とても有名なのが,「遠方凝視訓練」と呼ばれる視力回復トレーニングです。

この「遠方凝視訓練」という視力回復トレーニングは,名前の通り,遠方を凝視することによって,近視の人の水晶体の状態を正常にしていこうというトレーニングです。

この視力回復トレーニングは,どのように行うのでしょうか。



この「遠方凝視訓練」の視力回復トレーニングのやりかたは,とても簡単です。

一度,近くを見ます。そして,今度は素早く遠方に視点を移して,遠方を凝視するように

します。これだけで,視力回復トレーニングになるのです。

この視力回復トレーニングをくり返して行うことにより,衰えていた毛様筋を鍛えることができ,水晶体のピントの合う範囲が広がっていくようになるそうです。



この視力回復トレーニングは,もちろん自宅でも出来ますが,視力回復トレーニングを

専門に行っている施設などもあり,そのような場所では,視力回復トレーニングに効果的な器具などを使って,視力回復トレーニングの手伝いをしてくれます。

そのことにより,短期間の視力回復トレーニングを行うだけで,視力回復の効果を

生み出すといいます。



また,その他の視力回復トレーニングとしては,市販されている穴の開いた眼鏡を

使うことも有効とされています。

穴の開いた簡易眼鏡(アイマスクのようなもの)をつけるだけで,目の疲れがとれると

いいます。

また,開いた穴から近くや遠くを見ることにより,視力の回復につながるということです。



その他にも,視力回復トレーニングのやりかたにはいろいろな方法があるようです。

自分に合った方法での視力回復トレーニングを,きちんと毎日,決められた時間だけ

根気強くやるということが,視力回復トレーニングを成功させる方法です。


  1. 2007/11/14(水) 18:33:47|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力回復手術

視力は,一度低下すると,なかなか視力の回復をさせるのが困難だと言われています。

視力回復のトレーニングなどもありますが,やはり一番手っ取り早いのが,視力回復手術です。

視力回復手術とは,どのような手術なのでしょうか。視力回復手術をすることにより,

どれくらい視力の回復がのぞめるのでしょうか。



視力回復手術のことを,レーシック手術といいます。このレーシック手術という視力回復手術はどのような手術でしょう。

ひとことでいうと,レーシック手術という視力回復手術は,レーザーを使った視力回復手術だということです。

このレーシック手術という視力回復手術は,目のレンズに最先端のレーザーを照射することにより,目のレンズの屈折率を正常に戻し,視力を回復させる,という視力回復手術です。



このレーシック手術という視力回復手術を受けることにより,どのくらいの視力回復が

のぞめるかですが,レーシック視力回復手術を受けた人の95%以上の人の視力が,

1.0以上に回復するということがいわれていますので,レーシック視力回復手術は,非常に効果の高い視力回復手術ということになります。

また,極度の近視でない人がレーシック視力回復手術を受けた場合であれば,1.5くらいに回復することもほとんどのようです。



レーシック視力回復手術を受けると,手術の後すぐ視力の回復がわかるといいます。

完全に視力が回復するのが,大体1~2週間後,そして,レーシック視力回復手術の1ケ月後には視力が完全に安定するそうです。



このレーシック視力回復手術は,このように,とても効果のある視力回復手術です。

このレーシック視力回復手術の手術時間はどのくらいの長さでしょうか。

実は,このレーシック視力回復手術の手術時間は,両目でたったの20分足らずなのです。

日帰りで手術を受ける事ができ,手術後1時間ほどで様子を見て帰宅できます。

なんといっても,このレーシック視力回復手術のすごいところは,手術後すぐに視力の

回復が認められるところです。帰り道の風景がまったく違ってみえる人もいる,というほどレーシック視力回復手術の効果はすごいものがあります。



このように,レーシックという視力回復手術の視力回復の効果はすごいものがあります。

しかし,やはり手術ですので,この視力回復手術にも多少のリスクはともなうことに

なりますので,レーシック視力回復手術を受ける前のカウンセリングなどで,このリスクについてきちんと説明をうけたうえで,納得できた場合に視力回復手術を受けると良いでしょう。
  1. 2007/11/14(水) 18:55:50|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力矯正

視力が低下したら,日常生活にいろいろな支障をきたすことになります。

例えば,車の運転などをする人であれば,視力が低下してしまうと,そのままの裸眼では

運転する許可がおりないことになります。



そんなときにまずすること,それが視力矯正です。視力矯正と聞くとなんだかたいそうなことを思い浮かべるかもしれませんが,身近な視力矯正の方法に,眼鏡やコンタクトレンズなどが挙げられます。



一番,視力矯正をするのに簡単なのは,やはり眼鏡を使用することだといえます。

コンタクトレンズを使用した視力矯正では,コンタクトレンズというものを入れる練習などをしなければならない事や,コンタクトレンズを使った視力矯正では,頻繁にコンタクトレンズをつけたりはずしたりということが,簡単に出来ないというハンデがあります。

しかし,眼鏡を使用する視力矯正であれば,視力矯正が必要な場面では眼鏡をかけていれば良いし,視力矯正が必要のない場面では眼鏡を外す,それだけで簡単に視力矯正ができるので,手軽に視力矯正をしたいのであれば,眼鏡を使った視力矯正がおすすめです。

また,昔であれば,視力矯正として眼鏡をかけていることは,とてもお洒落とはいえないものでした。しかし,今は視力矯正としてはもちろん,ファッションの一部として眼鏡を使用する人がとても増えたこともあり,いろいろなスタイルの眼鏡の中から自分の気にいったデザインの眼鏡を選ぶたのしみなどもあります。



眼鏡を視力矯正の道具として使用する上でのメリットは,なんといっても手軽である事です。

また,お洒落としても楽しめるので,特に女性などに人気です。

では,眼鏡を視力矯正として使うデメリットはどのようなことでしょうか。

眼鏡の種類によっては,とても視野が狭くなってしまうことが挙げられます。

また,スポーツなどをするときには,眼鏡の視力矯正の場合は危険であったり,場合によっては外すことが必要となるので,不利となります。

また,眼鏡は曇ることがあるのでそういった面で面倒くさいかもしれません。



一方,コンタクトレンズを使用する視力矯正もとても人気の視力矯正方法です。

やはり眼鏡をかけるということに抵抗のある人や,激しいスポーツをする人などには

このコンタクトレンズの視力矯正をおすすめします。

最近では,一日ごとに使いすてのコンタクトレンズなどもあるので,そのコンタクトレンズの使用用途や使用時間などに応じて,いろいろ使い分けるのが賢いかもしれません。
  1. 2007/11/14(水) 18:57:02|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーシック安全性

視力回復の手術に,レーシック手術というものがあります。このレーシックの安全性は,

どのようになっているのでしょうか。



レーシックの安全性ですが,レーシック手術にはいくつかのリスクがあります。

しかしながら,手術を受ける前のカウンセリングなどでこれらのリスクについてきちんと説明を受けて,レーシックの安全性を理解した上で手術に望むことが大切です。

レーシックの安全性については,国の安全機関によって認可が降りているということからも,レーシックの安全性はそれほど心配するものではない,ということになります。

中でも,アメリカでのレーシックの利用率は年間200万人という多さで,そのことからもレーシックの安全性は高いものだということがわかります。



レーシックの手術は屈折矯正手術とも呼ばれていて,このレーシックの安全性は厚生省も

認可を出しています。

もちろん,レーシックの安全性は高いとはいえ,手術となりますので,100%絶対に安全であるということは言い切ることはできません。

しかし,数ある近視の矯正手術の中で,このレーシックの安全性は一番高いものとされていて,初期の頃に出ていたトラブルも,現在は改善されているので,レーシックの安全性はかなり高いと思って間違いないでしょう。



レーシックの手術では,12種類の合併症の発生する可能性があります。

しかし,これらの合併症の中でも,発生する可能性が高いものは治療もしやすいそうで,

逆に,治療しにくいものは発生する可能性もとても低いそうです。

このことからも,レーシックの安全性が極めて高いということがわかります。



レーシックの安全性が高いのはわかりましたが,レーシック手術とは受けやすい手術なのでしょうか。

レーシック手術の手術時間は,大体両目で20分程度です。

そして,手術を受けた後は1時間ほどで,帰宅が可能です。また,近視の人の95%の人の視力が1.0くらいまで回復することがわかっています。レーシックの手術は,安全性が

高いだけでなく,手術自体も時間が非常に短く,日帰りも可能な手術なのです。

さらに,レーシックの手術の後,視力回復の効果がすぐに見られることも,レーシック手術の特徴です。

早い人であれば,手術を受けた帰り道の風景が,劇的に違ってみえる,ということもあるほど,レーシックの視力回復の効果は高いだけではなく,速効性を持つものだといえます。このようなレーシック手術は,これからも人気のある視力回復手術となっていくでしょう。
  1. 2007/11/14(水) 18:58:06|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーシック

レーシックとは,視力を回復するための手術の名前です。レーシック手術と呼ばれるこの

視力回復のための手術は,レーザーを使用した視力回復手術です。

このレーシック手術についてです。



まず,なんといってもレーシックの手術の最大の特徴は,その効果性にあります。

レーシックの手術を受けた近眼の人のうち95%以上の人が,1.0の視力に回復したという報告があります。



また,極度の近眼でない場合には,レーシック手術をうけたことにより,1.5あたりまで

視力が回復することも多々あるそうです。



さらに,レーシックの手術の視力回復の効果は,術後すぐに見ることができるそうです。

レーシックの手術の時間は20分程度ととても短いので,日帰りでレーシックの手術を受けることが可能です。



では,レーシックの手術はだれでも受けることができるのでしょうか。

レーシックの手術を受けられない場合はあります。例えば,眼の疾患を持っている人は

レーシックの手術をうけることが残念ながらできません。

白内障や緑内障,結膜炎などの眼の疾患がある人は,レーシックの手術によるリスクが

高くなってしまうことから,レーシックの手術を受けることができないことになっています。



また,視力がとても不安定な人も,レーシック手術を受けることができません。

レーシックの手術は,現在の視力を矯正するものなので,視力が不安定な場合には

レーシックの手術を受けることができないのです。



また,糖尿病や肝炎などの全身の疾患を持っている人の場合も,レーシックの手術を

受けることができません。病気を持っていることにより,手術の後の角膜の治癒能力に

問題があるせいです。



ボクシングなどの格闘技の選手も,目に打撃を受ける可能性があるために,レーシックの

手術が受けられません。

また,職業によってレーシックの手術を受けられない職業もあります。

上記のような格闘技の選手はもちろん,術後の一時的な症状により,業務に支障をきたすようなバスの運転手や電車の運転手なども,レーシックの手術を受けることができないのです。

このような職業にあたる人がレーシックの手術を受けたい場合は,医師に相談の上,医師に判断をくだしてもらうこととなりますが,基本的にはレーシック手術を受けることは認められていないことになります。



このようなレーシック手術という視力回復手術ですが,この手術の安全性は非常に高いと

言われていて,厚生省も認可を出しているので安心です。
  1. 2007/11/14(水) 18:59:10|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力低下原因

最近,ますます視力が低下している人が多くなっているそうです。

何故,視力は低下するのでしょう。視力低下の原因とはどのようなことが挙げられるでしょう。



視力低下の原因のひとつとして,挙げられるのが眼精疲労です。

近くにあるものをじっと見続けることや,テレビを長時間見るなどすると,この眼精疲労が起こってしまい,そのことが視力低下の原因となってしまうのです。

また,ゲームなどを長時間やることも,視力低下の原因です。最近では,ポータブルの

ゲーム機がとても人気となっていますが,このことも視力低下の原因のひとつです。

今や,携帯電話でもゲームができるようになっています。さらにポータブルのゲーム機も

加わって,いつでもどこでもゲームをやる子供や大人が増えました。

この事により,動いている電車の車内などでもゲームをすることにより,さらに眼精疲労をすすませてしまうことになります。そして,この事が視力低下の原因となるのです。



仕事などでパソコンを長時間使う人が増えたことも,視力低下の原因のひとつです。

パソコンの作業などは,まばたきの回数を極端に減らすことがわかっています。

その事により,目が乾くドライアイなどの症状をひきおこし,これも視力低下の原因と

なります。

この眼精疲労とは,眼を動かす筋肉が緊張してしまうことです。この眼筋が過度に緊張すると視力低下の原因になってしまうのです。



その他の視力低下の原因として考えられることは,寝転んで本を読むなどの行為が

挙げられます。寝転んで本などを読むと,左目と右目の対象の位置が変わってくることに

なります。そのことが,左右の視力に違いをつけるのです。

さらに,この左右の視力の違いが酷くなってしまった場合,どうしても片方の眼ばかりを

酷使してしまう要因になります。このことも,視力低下の原因となります。



また,視力低下の原因として,視力が低下しているにも関わらず視力の矯正などを行わずに放っておくということも考えられます。

視力が低下していると,ものがみえにくいので目を細めて遠くを見たりしてしまうことが

よくあります。実はこの目を細めて遠くを見るという行為が視力低下の原因にも繋がるのです。

このため,視力が低下していると思ったら,できるだけ早めに眼鏡やコンタクトレンズなどの,なんらかの視力矯正の措置をとったほうが目には良いでしょう。

また,視力低下の原因が,なんらかの目の疾患の前触れであることもよくあります。

極端な視力低下がわかった場合,一度医師の診察を受けるとよいでしょう。
  1. 2007/11/14(水) 19:00:05|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力レーザー治療

視力を回復するために,視力レーザー治療を受けるということを考えたことはありますか?

この視力レーザー治療とは,どのようなことをする治療なのでしょうか。また,このような視力レーザー治療の視力回復の効果はどの程度期待できるものなのでしょうか。



視力レーザー治療のことを「レーシック」といいます。この「レーシック」という,

視力レーザー治療は,目のレンズに最先端のレーザーを照射する手術を行うことにより,

視力を回復させるという視力レーザー治療です。

この視力レーザー治療「レーシック」は,安全性も高く,また効果も非常に高い手術なので,視力を回復させたいと願っている人にとても人気の視力レーザー治療です。

また,視力レーザー治療と聞くと,痛みを心配すると思いますが,かなり痛みも少ない手術となっています。



この視力レーザー治療「レーシック」は非常に安全性の高い手術ですが,やはり手術ですのである程度のリスクはあります。

視力レーザー治療「レーシック」では,いくつかの合併症が起こる可能性があります。

その合併症の中で,もっとも多いと言われている合併症が,「ハロ」とよばれる合併症です。

視力レーザー治療を受けた人のほぼ全員が,この「ハロ」を体験しているようです。

この「ハロ」は,夜間や蛍光灯の下などに居るときに,非常に光が眩しく感じるという症状の合併症です。人によっては,光の周りがぼやけてみえることもあるといいます。

しかし,この「ハロ」は,視力レーザー治療の手術の後しばらくすれば治る合併症だと

いわれています。

また,視力レーザー治療の手術を受けるリスクとしては,角膜の表面にしわが出来てしまうことなどがあるそうです。



この視力レーザー治療の「レーシック」は,日帰りで手術を受けることができるので

とても手軽に視力を回復することができます。

また,視力レーザー治療「レーシック」は,あのタイガーウッズも治療を受けたことにより急速に普及したともいわれています。

この視力レーザー治療「レーシック」の治療を受ける場合には,健康保険は適用されません。そのため,自費での治療となってしまいます。

視力レーザー治療「レーシック」の治療にかかる費用は,大体両目で20万~60万ほどだといわれています。

しかし,低下してしまうと視力の回復は難しいと言われていた視力回復を,ここまで非常に確実にできる視力レーザー治療とは,今後も人気のある治療法だといえます。
  1. 2007/11/14(水) 19:01:29|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力回復サプリメント

視力回復サプリメントというものがあるのを知っているでしょうか。

これは,視力回復サプリメントを服用することにより,視力を回復させたり,眼の疲れを

取る作用があるといわれるサプリメントのことです。

この視力回復サプリメントには,どのようなものがあるのでしょうか。



パソコンを長時間使ったり,本を沢山読むなどの行為は,とても眼が疲れる行為です。

このようなことが原因で,視力が低下することはよくあります。

そんなときに視力回復サプリメントがとても便利です。

視力回復サプリメントとして,いちばん有名になった成分というのが,「アントシアニン」という成分です。この「アントシアニン」という成分は,視力回復サプリメントの王道とも言える視力回復サプリメントで,ブルーベリーなどに含まれる成分が,この「アントシアニン」です。



この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,眼の疲れを取ったり,ドライアイを改善したり,眼のかすみなどを改善するという作用を持つものです。

特に,この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,ものを見るということに対する持久力をあげてくれる,と言われている視力回復サプリメントです。

では,この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,一日にどのくらいの量を

摂取することで効果が見られるのでしょうか。



「アントシアニン」の視力回復サプリメントは,一日にブルーベリーエキスとして200mg前後を摂取することが有効だと言われています。

生のブルーベリーに換算すると,30粒~150粒ほどにあたります。



この「アントシアニン」以外に視力回復サプリメントとして有名なのが「ルテイン」という成分の視力回復サプリメントです。

この「ルテイン」という視力回復サプリメントは,紫外線や酸化などのいろいろなダメージから眼を守ってくれる視力回復サプリメントだと言われていて,こちらは一日に6mgほど摂取することがのぞましいとされています。



これらの視力回復サプリメントは,あくまでも薬ではなく視力回復サプリメントです。

そのため,摂取したからといって必ずしも効果が見られるというものでもなく,

また,速効性などは期待できるものではありません。

そのため,視力回復サプリメントを沢山服用したからといって,効果が沢山出るという

ものでもないので,用量をきちんと守って長く続けることが,このようなサプリメントの

効果をだすうえでたいせつなことです。
  1. 2007/11/14(水) 19:02:24|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーシック後遺症

近視の矯正手術であるLASIK(レーシック)手術は,とても安全性の高い手術とされています。しかし,手術である以上,やはりある程度のリスクなどの覚悟は必要です。

では,レーシックの後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。



レーシックの後遺症としては,合併症などの発生が考えられます。

レーシックの後遺症の合併症には,何種類かの合併症がありますが,レーシックの後遺症の合併症の中でもっとも重症のものでは,角膜移植が考えられます。

また,レーシックの後遺症の合併症で,角膜拡張症という合併症も重い部類の合併症に

あたります。



その他の,レーシックの後遺症としての合併症には,緑内障の可能性が挙げられます。

レーシックの後遺症として,眼圧が上がる可能性があるためです。

眼圧が上がるというレーシックの後遺症が残ってしまった場合には,眼圧を下げる目薬を

さすなどして,眼圧を下げることができます。



ドライアイがレーシックの後遺症としてみられる場合もあります。このレーシックの後遺症の場合も,点眼薬でのドライアイの治療をすることができます。



その他にも,レーシックの後遺症として再手術をしなければならない場合も出てきます。

このレーシックの後遺症が出る場合は,極度の近視の患者の場合や,レーザーの照射する

部分を小さくしたときなどに起こることがあります。



夜間や蛍光灯の下での光が非常に眩しく感じるというレーシックの後遺症もあります。

このレーシックの後遺症の場合は数カ月程度で,良くなる場合がほとんどです。



稀に発生するレーシックの後遺症としては,感染や不正乱視などが挙げられます。

もし感染のレーシックの後遺症が発生したとしても点眼薬での治療が可能ですし,不正乱視のレーシックの後遺症の場合は,たいていの場合は時間が経つとなくなることが多いです。



「偏心照射」というレーシックの後遺症が起こることもあります。これは,手術の際のレーザーの照射が,瞳孔の中心とズレていたことにより起こるレーシックの後遺症です。

0.8mm以下のズレであれば,問題がないとされているレーシックの後遺症です。



このように,レーシックの後遺症として残ってしまう合併症はいくつかあります。

しかし,そのほとんどの合併症が,容易に治療が可能です。また,治療が困難とされている合併症が発生する確率は本当に稀で,ほとんど発生することはないといわれています。

しかし,稀といっても発生する可能性はゼロではないので,手術を受ける前には

きちんと納得をしたうえで受けることがたいせつです。
  1. 2007/11/14(水) 19:03:18|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目の病気

人は,いろんな場所に病気を持つことがあります。中でも,目の病気というのは種類もとても多く,かかりやすいといえるものです。

では,そんな目の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。



目の病気には,さまざまな症状のものが挙げられます。たとえば,春先などに多い花粉症による,目のかゆみというものがあります。このような花粉に限らず,ダニや動物の毛などによって起こるかゆみを伴う目の病気を,アレルギー性結膜炎といいます。

この,アレルギー性結膜炎という目の病気の症状は,結膜やまぶたが突然痒くなってしまうものですが,痒いからといってかきすぎてしまうと余計に痒くなってしまったり,酷くなってしまうと,とても痛くなったりしてしまいます。

また,このアレルギー性結膜炎という目の病気では,目やにが出たり,同時にくしゃみや

鼻水なども出ることがほとんどです。

この目の病気の場合は,アレルギー性結膜炎のための点眼薬などを使って治療を行います。



ものもらい,という目の病気もあります。このものもらいという目の病気は,まぶたの一部に赤くて硬く腫れたできものができる目の病気です。この目の病気は,黄色ブドウ球菌などの感染から発生するもので,5日~7日ほどで化膿して膿が出て,治ることがほとんどです。

しかしまれに,このものもらいという目の病気から敗血症になってしまい命に関わることもあるようですので注意が必要です。この目の病気の治療には,抗生物質の軟膏を使って

治療を行います。



目の病気の中で,目の中で蚊が飛んでいるかのように見えたり,糸のような異物が飛んでいるかのように見えるといった症状の目の病気を,飛蚊症といいます。

この飛蚊症の目の病気の原因には色々なものが考えられます。極度の近視が原因である場合もあれば,老化が原因の場合,網膜剥離などの重大な目の病気が原因である場合もあります。この目の病気の治療には,まずこの目の病気の原因を理解しておく必要があるため,症状が出たら,まずは目の検査などに行くことをおすすめします。

ただの疲れ目などで,この飛蚊症の目の病気が出ることもありますが,網膜剥離などから

この目の病気が来ている場合は,早い処置が必要となります。



その他に,特に目の病気というわけではなく,眼精疲労などで目が疲れてしまっていることもあります。パソコンなどで目を酷使している場合だけではなく,全身の疲労からくることもあるようです。

頭痛が起きたり,吐き気がしたり,目がかすんだり物が二重に見えるなどの症状があります。

また,暗い所で本などを読んだりした場合にも,この眼精疲労が起こることがあります。

特に怖い目の病気というわけではありませんが,放っておくことにより,角膜炎や結膜炎,ひどい場合には緑内障などになってしまうこともあります。

治療としては目を休ませるなどすることなのですが,全身の病気から来ることもありますのでそのような疑いがある場合には,きちんとした診察を受けることが必要です。
  1. 2007/11/14(水) 19:04:34|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。